初めての方へ

初めての方へ

カウンセリングルーム 【自分LIFE】のサイトをご覧いただきありがとうございます。
心理カウンセラーの高原正人です。

 

私は、アルコール依存症、適応障害で休職、退職を繰り返してきました。

学生時代から「生きづらい」という思いがずっと消えず、
27歳の時に初めて自分がHSP、アダルトチルドレンであることが発覚。
根本的な原因がそこにあったことを自覚しました。

 

8年間、メンタルの不調で苦しんでいましたが乗り越えてきました。

 

これらの経験から、

  • 職場の人間関係で悩みがある
  • 出社するのがつらくなってきた
  • うつ、適応障害で休職しているが先が見えない
  • 復職して頑張っているけど、自信が持てない
  • 何となく生き辛い
  • 完璧主義であることを続けることに疲れた
  • 人間関係リセット癖をなんとかしたい
  • 「ガマン」し続ける生活から抜け出したい
  • 自分に合う居場所はもうないんじゃないか

 

という方を対象にサポートさせていただいております。

 

当カウンセリングルームの特徴

大人になってから自分を変えられない カウンセリングはただ話を聴くだけ

 

実際昔の私はこう思っていました。

 

そして一般的なカウンセリングを受けても、

一時的に気持ちは軽くなったとしても時間が経過するにつれ効果は無くなり、

この考えは変わらないでしょう。

 

私は心理療法を学んでいき、

一般的なカウンセリングでは決定的に足りない部分があることに気づきました。

 

通常のカウンセリングでは心を癒してくれるセラピー効果は充分に期待出来ます。

 

しかし、寄り添うだけのカウンセリングでは気になることも…

 

カウンセリングの不安や疑問点

 

このように不満や不安感を持ち、

  • 途中でカウンセリングを受けるのをやめてしまった
  • 少し楽にはなったけど問題は解決しなかった
  • 問題は解決出来たけど、数年後にまた再発してしまった

このようなケースも少なくありません。

 

私も実際にカウンセリングを何度も受けていましたが、不満に思う点がありました。

 

  • ただ話を聞くだけのセッションが何回も続く
  • 週1回1時間を1年以上続けるのが当たり前といった空気
  • 相談者とカウンセラーに上下関係が生まれる
  • 改善後のアフターフォローが一切ない

 

そこで当カウンセリングルームでは、次のような理念のもと運営しております。

 

  • 相談者様のお話を、一切否定せず、しっかり聴きます
  • 必要と判断した心理療法は積極的に使って働きかけをします
  • リラックスしてお話しいただくために、フラットな状態を作ってセッションをします。
  • 数回のセッションで変化を感じてもらえるような、短期解決を目指しています
  • 原因探求ではなく、問題解決そしてその後の未来に焦点を当てます
  • 自己再生能力のスキルを付けてもらい、心の自己治癒能力を強化します。

 

カウンセリングとコンサルティングを組み合わせて相談者様に合った独自のセッションを行っていきます。

 

 

【導く】カウンセリングを目指しています

当ルームでは、通常の寄り添うカウンセリングでは足りない、

「導く」部分を補えるようにコンサルティングを組み合わせたセッションを行います。

 

カウンセリング方法の違いを段階ごとに説明

 

カウンセリングの初期は癒し、回復期

 

傷ついた心を癒すことは、どちらも効果があります。

話をするだけでも気持ちがラクになることは多いです。

 

 

カウンセリング中期は心を守り、育てる。変化期

 

心を癒した後は、心を守り、育てる期間に入ります。

 

具体的な行動のアドバイスや様々な技法を習得し、

心の自己再生スキルを身に着けることが必要です。

 

寄り添い続けてしまうといつまでも自立できず、

何十回もカウンセリングに通い続けなければならず、

最悪の場合カウンセラーに依存してしまいます。

 

カウンセリング後期は自己実現のスキルと知識を取得

 

あなたの人生は、カウンセリングを卒業したあとも続きます。

 

カウンセリングを卒業した先のことまで一緒に考えていき、

最終的にはもう我慢することなく、

 

「わがままに!自分らしく生きる!」

 

といった未来を手にしていただくサポートをさせていただきます。

改善後のアフターフォローについて

改善したのだからアフターフォローは必要ないのじゃないか。と思うかもしれません。

 

アダルトチルドレンのカウンセリングではほとんどの場合、

崩れた心のバランスを戻すセッションが行われます。

 

改善後そのままバランスを保ち、自身の本音と上手く付き合える方もたくさんいますが、

本音をうまく解消出来ない方がいることも事実です。

 

現に私がそうでした。

 

  • 音楽が大好きで自分でやりたいけど、家庭を持っているため出来ないからまた我慢する。
  • 人ごみに行きたくないけど、満員電車で毎日通勤しなければならない。
  • 新しいことに挑戦したいけど、仕事が忙しくて結局出来ない。
  • お金が無いから…
  • 子供がいるから…
  • やったことが無いから…

 

実際に今まで受けた相談者さんから直接聞いた声です。

セッション中に気づける方もいれば、

カウンセリングを卒業してから、
自分の思いがすごく強いことに気づく方もいらっしゃいます。

 

他の人から見たらただのわがままのように映るかもしれません。

「みんなそんなこと思っているけどガマンしてるよ」と言うかもしれません。

 

しかし、本人にとってはとても重要なことなんです。

 

それを頭(理性)で押さえつけ、

 

社会とはこういうものだから

家族がいるのだからこうするのが常識

 

などと思いこんで蓋をしてしまっては
また心のバランスが崩れていき、

「生きづらい」
と感じるように戻ってしまいます。

 

ここを見ているあなたはきっと、

今までどんなにつらいことがあっても、

苦しくてもガマンして生き残ることが出来た

忍耐力にとても優れた能力を持っている人です。

 

「ライフチェンジアドバイザー」
「起業カウンセラー」
「自己実現達成コンサルタント」

としても活動しています。

 

その経験を活かした、独自の体制でその後の本音を実現するサポートまでお手伝いをさせていただきます。

 

複数の心理療法を使います。

誰に、どんな時でも、有効な万能心理療法はありません。

 

例えば、癒しが必要な状態の時に、
変化を起こそうとしても変化は起きません。

逆に、癒しは十分なのに、
癒してばかりいると変化は起きず、
次のステージへ向かうことは出来ません。

 

また、個人差があり合う心理療法も違ってきます。

相性が悪いものは効果が無い場合もあります。

 

そのため、1つの心理療法にこだわるのではなく、複数の心理療法を使って相談者様に対して様々なアプローチをしていきます。

 

問題解決中心にセッションを行います。

悩みの原因を探る事には
それほど時間をかけていません。

原因を探るためのセッションに
何回も時間をかけることはありません。

 

なぜならば心の問題は、
個々人によって全く違い、
様々な要素が複雑に絡み合い起きているので、原因を特定することは非常に困難だからです。

 

そのため、過去の出来事を深掘りして原因を探り続けるのではなく、

その悩みが解決したら今後の生活がどのように変わるか?
どうなったら幸せだと感じるのか?

というように、問題が解決した後を焦点にして進めていきます。

 

問題が解決した後の姿に焦点を当てることで、今までとは全く違う気づきが得られやすくなります。

 

すると、日常生活での行動に小さな変化が起きます。

この小さな変化が徐々に雪だるま式に大きくなり、しばらくして振り返ると自分が大きく変化していることに気づきます。

 

そして、気がつくといつの間にか問題が解決しているという状態を目指しています。

 

心の自己再生スキルをつけることが出来ます。

カウンセリングを受けていただくことで、
心の自己再生スキルを身に着けることが出来ます。

 

当ルームの方針としてカウンセリングを受けずに問題が解決出来るのであればそれに越したことはないと考えております。

そのため、自身で心のケアをするスキルを身に着けてもらっています。

 

日常生活からストレスを
完全に無くすことは不可能です。

大切なのは受けたストレスを、
傷が浅いうちにケアする方法を身に着けることです。

 

精神的なダメージは身体のダメージと比べて、回復させないとどんどん蓄積されていきます。

 

ダメージの蓄積度合いが高くなると、
刺激に対して過敏に反応してしまいます。

 

すると、刺激を避けようとして

行動範囲が狭くなったり、

人を避けるようになったり、

日常生活に制限をかけるようになってしまいます。

 

こうなる前に、ダメージが小さいうちにケアをすることで「生きづらさ」を感じづらくなり
楽に生きることが出来るようになります。

 

そのための考え方や様々な具体的な方法を身に付けることができます。

 

また、ダメージをケアするだけではなく、
人付き合いが上手くいく方法や、
根本的な部分についても理解を深めることが出来るようになります。

 

行動課題があります。

人生を変えるためには日常生活を変える必要があります。

 

そのため、毎日無理なく簡単に出来る課題に取り組んでいただきます。

 

行動課題の目的は、

  • 日常生活に小さな変化を生み出すこと
  • 覚えたスキルを何度も繰り返し
    使うことで身に付けていただくこと

です。

 

スキルを身に着けるには、
どれだけ勉強するよりも実践するのが一番です。

 

行動課題に取り組むことで、

カウンセリングを卒業した後も
自分の力で問題を解決しながら生きていける
ようになるのです。

 

セッション中から数日は心が癒され、
すっきりします。

 

しかし日常生活を送るうちに

ストレスが溜まる→セッションで癒される。

 

こうなってしまうと、
カウンセラーへ依存してしまいます。

 

依存せず卒業して、
自分の力で自分らしく生きていけるようになって欲しい。

といった思いで行動課題をお出ししています。

 

最終目的は願望達成です。

セッションの最終目標は
「本音=願望」を達成してもらうことです。

 

問題解決と願望達成

 

この二つは潜在意識の使い方という側面で考えると、同じです。

脳にインプットするゴールが違うだけで、
潜在意識の使い方は同じなのです。

 

あなたの望む生活を実現する。
あなたが本当に望む幸せな人生を送る。

 

私は、カウンセリングの最終目標はここにあると考えています。

 

  1. 悩みの原因を特定する
  2. 元の生活に戻る

 

そこよりさらに未来にある、

今までとは違った、
選択肢と可能性を手に入れる。

 

そんな最終的な目標を思い描きながら、
まずは目の前の問題解決に取り組んで行きませんか?

 

いきなりカウンセリングではなく、
無料メール講座からでもかまいません。

まず第一歩を踏み出すことが大切です。

 

その一歩がこれからの人生を
大きく変える一歩になるかもしれません。

 

カウンセリングの予約はこちら

タイトルとURLをコピーしました