酒癖の悪い人が一発で酒癖を治す方法!

アダルトチルドレン

いきなりですが、お酒の席で失敗をしたことはありますか?

私は過去に数え切れないほどお酒の席で失敗してきました。

 

それでも止めることが出来ずに、アルコール依存症になってしまうほどお酒に溺れていました。

 

「普段は真面目なのに、お酒を飲むと人が変わったかのように変貌してしまう」

翌日正気に戻り後悔をして、

反省をしたにもかかわらず、

しばらくするとまたお酒の席で失敗してしまう…

 

その結果、公私ともに影響が出てしまう…

といったことも少なくありません。

 

また、身近な人の酒癖が悪く迷惑を被った!

といった経験をしている方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、

酒癖の悪い人が一発で酒乱を治す方法

について解説していきます。

 

お酒で失敗した後に「反省」をしてはいけない

お酒の席で失敗した人のほとんどが実は、「一番やってはいけない対処法」をやってしまっている場合がとても多いです。

 

お酒の席で失敗といえば、

  • 飲み過ぎて戻してしまった
  • 二日酔いで次の日まともに動くことが出来ない
  • 酔った勢いで暴言や暴力を振るってしまう

など、自分だけならまだしも周囲の人に迷惑をかけてしまうことが多いと思います。

 

次の日、お酒が抜けて正気に戻るとほとんどの方が

後悔をして反省をする

という流れになっていると思います。

 

実はこの反省をすることによって、酒癖の悪さを根本的に改善することが出来ていないんです。

 

根本が改善されていないので、何度も繰り返してしまうという負のループが引き起こされてしまいます。

 

お酒というのは、大人になってから初めて嗜むものです。

そのため「自分の体質」や「飲むアルコールの種類」によって、

自分にとってちょうどいいラインが分からずに失敗してしまう

ということは当然あります。

 

その際に、「後悔して反省をする」ということは何の問題もありません。

 

1、2回程度の失敗であれば、反省することで自分の中のちょうどいいラインを知ることができるため楽しいお酒の楽しみ方を身につけることが出来ます。

 

しかし、何度も何度もお酒の席で失敗を繰り返しているという場合は、この反省という行為が原因で酒癖がどんどん悪化してしまいます。

 

酒癖が悪いことを反省してはいけない理由

失敗をして→人に迷惑をかけてしまい→後悔をして→反省をする

 

一見何も問題ないように感じられますよね。

酒癖が悪い中にも色々と種類がありますね。

泣いたり、怒ったり、笑ったり…

 

その時に出てくる性質は、普段我慢していて蓄積されたストレスが出てきます。

シラフの時には、立場や状況などがあり我慢してしまいストレスはどんどん蓄積していきます。

それを「理性」という名の蓋で押さえ込んでいる状態です。

 

嫌なことがあっても暴れだしたりするわけには行かないですよね。

そのため、多かれ少なかれ全員ストレスを理性で抑えるということを日常的にしています。

 

お酒の効果で

「感情に被せた理性という名の蓋が開いてしまう」

というのが酒乱になってしまう原因です。

 

アルコールには理性の座とも言われる「大脳新皮質」の動きを鈍くする効果があります。

鈍くなったことで、感情や食欲などの本能的な部分が活発になり、気分が上がったり元気になったりします。

 

適度な飲酒事態は健康に良いと研究結果が出ています。

ストレス解消にもなるため心身ともにメリットがあります。

しかし、飲み過ぎてしまうと理性の蓋が外れてしまうため、普段溜め込んでいた感情が爆発してしまいます。

 

なぜ反省することがいけないのか?

と言うと、発散したはずのストレスを復活させてしまうからです。

反省したことが原因でせっかく少しだけでも発散出来た我慢した感情をまた生み出して溜め込んでしまいます。

 

お酒をやめることが原因では無く、我慢した感情がたくさんあることが根本的な原因なんです。

 

酒癖の悪い人に多く見られる特徴

酒癖の悪い人に多くみられる特徴が

  • 笑い上戸
  • 泣き上戸
  • 怒り上戸

大きく分けるとこの三つに該当すると思います。

 

笑い上戸のように、普段との違いに驚かれることはあっても、あまり他人に迷惑をかけないような場合はあまり問題にならないこともあると思います。

 

怒り上戸のような、周囲の人に多大な迷惑をかけてしまうような場合は問題が大きくなることも少なくありません。

  • 自分も相手も怪我をしてしまう
  • 暴力を振るい警察のお世話になってしまう
  • その後の人間関係に大きく影響の出る言動

など後々まで影響のあることも多く、後悔や反省を深く深くすることが多いと思います。

 

私が昔お酒の席で失敗をする時は、ほとんど泣き上戸で、たまーに怒り上戸が出てくるような失敗が多かったことを覚えています。

運よく誰かを怪我させたり、警察のお世話になることはありませんでしたが、一緒に飲んでいた方をとても困らせてしまった経験をたくさんしてきました。

 

当時の私もやはり「後悔→反省」をしていたのですが、お酒を飲む度に繰り返していました。

この時に出てくる感情は2種類あります。

  • 普段うまく表現出来ていない
  • 溜まったストレスを処理できていない

心の奥に蓋をして隠していた感情が出てきてしまっている状態です。

 

「お酒を飲むと本性が出る」という言葉もあながち間違いではないんですね。

特に酒乱で悩んでいる方や、問題を起こしてしまう方の多くに見られるのが「怒りの感情」が出てきてしまうケースです。

お酒を飲むと、

  • 暴言暴力が出てしまう
  • 気が大きくなって他の人に喧嘩腰になってしまう

といったように相手に悪影響を与えてしまい、問題がどんどん大事になって行きやすい状況に陥ることが怒り上戸の場合かなり多いと思います。

 

お酒を飲んで怒る人が多い理由

なぜ酒癖の悪い人に怒る人が多いのか?という部分にもちゃんとした理由があります。

それは、感情の出てくる順番が決まっているからです。

 

お酒を飲み、理性の蓋が外れてしまった時に出てくる「普段心の奥底にしまっている感情」の出てくる順番はまず一番最初に怒りの感情が出てきます。

次に悲しみ、喜び、楽しみの順番です。

この順番でしか出せないようになっています。

 

普段はおとなしくて、周囲に気が配れて、頼りにされている!

そんな人がお酒を飲んだら暴力的になってしまう…

 

このような場合は、普段から自分を押さえて怒りを溜め込んでしまっている可能性が非常に高いです。

泣き上戸や、笑い上戸の人は、

怒りの感情はうまく処理できているけど、「悲しかったり、嬉しかったり」といった感情を普段うまく表現出来ていないということが考えられます。

 

  • 普段から溜め込んでしまっている部分
  • うまく処理できていない部分

これらが根本的な原因であるため、
お酒を飲んで失敗してしまったことを反省しても何の解決にもならないんです。

むしろ、多少なりとも発散できた部分以上の我慢をせざるを得ない状況に反省することで自らを追い込んでしまいます。

そのため、何度も何度も繰り返してしまう負のループに陥ってしまいます。

 

お酒の席で失敗をしてしまったら、
その時に出ている感情を知り、普段からその感情を処理していく
ということが必須になってきます。

 

酒癖を一発で治す方法

これから酒癖を治す具体的な方法をお伝えします。

一番酒癖の中でも問題視されやすい「怒り上戸」になってしまう方を例としてあげていきます。

 

怒り上戸の方は、怒りの感情をうまく発散することが必要です。

しかし、人や物に当たったりすることは出来ないですよね。

 

カラオケやスポーツなどでうまく発散出来ればいいんですが、いまいち発散できているか実感が無かったり、あまり効果が無い場合もあります。

 

今回お伝えする「酒癖を一発で治す方法」というのは、紙とペンがあれば誰でもすぐに超簡単に出来る方法です!

 

①怒りの感情が湧いてきたらその日のうちに処理をする

なぜその日のうちがいいのか?というと、
「部屋の掃除」と同じだと考えてください。

 

毎日こまめに掃除をしていれば、労力も少なく短い時間で綺麗になります。

しかし、ずっと溜め込んでしまっていると労力も時間も何倍もかかってしまいます。

シミになってしまったり、カビが生えてしまうと中々汚れを落とせなかったりしますよね。

 

部屋の汚れのように、心に溜まったストレスは目に見えるわけではありません。

なので、出来る限りその日のうちに処理した方が良いです

②その日ムカついたことや、嫌だなと思ったことを全て紙に書く

この時に文脈がでたらめだったり、言葉が汚くなってしまってもそのままでOKです。

誰にも見せないため、思いのまま書きなぐってください。

 

この誰にも見せないっていうのがポイントです。

怒りを溜め込みやすい人は、周囲に気を使って普段から我慢をしていることが多いです。

そのため、他の人に見られるかも…

と思ってしまうと言葉を選んだり、自分が本当に思っていることを吐き出せなくなってしまいます。

 

絶対に誰にも見せず、自分が感じた嫌な思いを全て残さず書き出していきます。

 

③吐き出したものを捨てる

全て残さず書き出せたら、最後に怒りをぶつけるようにその紙をくしゃくしゃにしてゴミ箱に捨ててしまいます。

 

この時にもポイントがあって、書いた紙は絶対に見返さないようにしてください!

見返してしまうと、せっかく吐き出したものをもう一度取り込んでしまうことになります。

 

ムカついたことを全部紙に書いて吐き出し、誰にも見せず怒りをぶつけるように捨てる。

 

ポイントは、

  • 誰にも見せない
  • 絶対に見返さない
  • 思っていることを残さない

この三つです。

 

こんな簡単な事で酒癖を一発で治すことができます。

怒り上戸以外の場合にも、これと同じ要領で感情を処理することで酒癖はきれいさっぱり治ります。

 

怒りの感情が強いはずなのに、泣き上戸…なんで?

普段よくイライラしている…

でもお酒を飲むと泣き上戸になってしまう…

という方は実は結構いると思います。

 

過去の私はまさにこれでした。

イライラしているから「怒りの感情」が溜まっているんだなぁ…
と思っていました。

アルコール依存症になり、カウンセリングを受けて自分が勘違いしていたことに気づけました。

 

「相手に対する怒り」ではなく、
「期待に応えてもらえなかった悲しみ」
「自分の思いをわかってもらえない孤独感」
がとても強いのに自分自身全く気づいていませんでした。

 

このように「普段自分が認識している感情」「心に溜め込んでいる感情」が合致していない場合、今回お伝えした方法をやっても効果があまり出ないこともあります。

 

その時は自分自身を見つめ直して分析してみたり、一度カウンセリングを受けてみると全く自分では気づけなかった部分が見えてきたりします。

やってみたけどあんまり効果がないよ…
という場合はこのようなケースを参考にしてみると良いかもしれません。

 

 

今の辛い状態から抜け出したい!

自分らしい人生を歩みたい!

 

このように考えている方は、

お試しカウンセリング

お申込みください。

 

今の状況をしっかりお聴きして

どういうことに取り組んでいけばいいのか

ご説明させていただきます。

 

気持ちが楽になり、

この先のヒントが得られるかもしれません。

 

あなただけに合った

【カウンセリング+自己実現プラン】

を組み立て実施していきます。

 

わがままに!自分らしく生きる!
そんな未来を手に入れるサポートをさせていただきます。

 

YouTube、Twitterで役立つ情報発信を始めました!
生きづらさを克服するポイントや、謎の生きづらさの原因について解説していきます。

 

無料LINE講座のご案内

・職場の人間関係が辛い
・HSP
・アダルトチルドレン
・適応障害
・うつ

が当てはまる、気になる方は、
完全無料のLINE講座をお読み下さい!

セッションと同レベルの濃い内容の講座を無料で受けることが出来ます。
カウンセリングはちょっとなぁ…
といった方はまずこちらからお試しください。

 

アダルトチルドレン、適応障害、職場の人間関係、HSP、対人恐怖、摂食障害、過食障害、うつ病、抑うつ状態、性格を変えたい、自信がもてない、復職が怖い、再発、不安、イライラ、パワハラ、モラハラ
これらでお悩みで、
わがままに!自分らしく生きる!
自分を変えてそんな未来を手にしたい方は、
「カウンセリングルーム 自分LIFE」
をぜひご利用ください。
千葉市、習志野市、四街道市、佐倉市、市原市、成田市、船橋市、市川市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、ほか東京、埼玉、山梨、大阪、青森、海外(台湾)からご利用されている方もいらっしゃいます。
オンラインカウンセリングは全国(海外含め)対応可能です。
教師、調理師、探偵、保育士、システムエンジニア、専業主婦、フリーランスなど様々な方がお越しいただいております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました