【アダルトチルドレン】スケープゴートタイプ(生贄)の特徴

アダルトチルドレン

スケープゴートタイプは別名「身代わり」「生贄」と呼ばれています。

今回はスケープゴートについて詳しく解説していきます。

 

悪者にされ、家庭の負の部分をひとえに背負わさ、犠牲にされる

機能不全家族の問題を引き受けてしまうタイプです。

 

差別やいじめを受けるようなことも多く、

自己肯定感が低く、自分の存在価値を見出せない

といったことがスケープゴートに多い特徴です。

 

動画でも解説しています。

アダルトチルドレン【5つのタイプ】について全体像を知りたい場合はこちら

 

スケープゴート(生贄タイプ)の特徴

機能不全家族のダメな部分を一人で背負い込まされてしまう役割を担ってきたタイプです。

 

スケープゴートになりやすい家庭の特徴に、

両親の不仲、離婚、再婚

がよく見られます。

 

自身が「問題」を起こすことで、

両親がその「問題解決」のために団結する。

 

そうすると一時的にでも夫婦仲が改善される。

 

こんな状態を無意識で行ってしまうのがスケープゴートの特徴です。

 

「自分がいなければ家族は平和」

という幻想を作り、家庭の真の崩壊を防いでいます。

 

他のタイプは家庭を取り繕い、

修復する行動をとるのに対して、

スケープゴートは自己犠牲で解決しようとします。

 

問題行動は2パターンに分かれることが多いです。

 

【問題行動】非行

攻撃的な態度を取ったり、破壊的な行動をとる傾向があり、

 

端的に言ってしまえば

「不良、ヤンキー」

と言った類になります。

 

問題行動ばかりが目につきがちですが、

他のAC同様家族を想う気持ちが強いため

実際に非行を起こす行動力になっています。

 

本当は非行をしたいわけではないが、

好き勝手しているように見えるため、

心のうちに抱える

「自分なんて価値が無い」

「自分をわかってほしい」

「寂しい」

といった虚しさが見えづらく、

問題が複雑化しやすい傾向があります。

 

行き過ぎた非行が犯罪に至るケースも多く、
社会問題としても取り上げられています。

 

例)1989年1月の女子高生コンクリート詰め事件

引用:斎藤学著『アダルトチルドレンと家族』

 

【問題行動】仮病、自傷行為

ネグレクト(育児放棄)や子供に無関心の家庭に多いタイプです。

 

自分が病気やケガをすることにより、

その瞬間だけでも両親が優しくしてくれたり、構ってもらえた経験から

自分が犠牲者の立場に居れば愛してもらえる

といったために問題行動を起こします。

 

「病気なら自分を見てもらえる」

ということを無意識で思っているため

身体に悪影響のあることでも平気でやってしまいます。

 

自傷行為や過食、拒食

薬物依存などを引き起こすこともあります。

 

※依存症などは他の要因も絡み複雑化していることが多いです。

 

スケープゴートの内に秘めた思い

スケープゴートタイプのACは、

傍から見ると

「好き勝手にやっているトラブルメーカー」

に見られがちです。

 

行動が悪目立ちしてしまい

いつの間にか悪者にされる

ということが多いです。

 

本人としては罪悪感や自責の念はあるのだけれど、

 

「なんで自分ばっかり」

「こうなったのは自分のせいじゃないのに」

「でも生きてくためには従わないと」

「どうせ誰もわかっちゃくれない」

 

と混乱し、複雑に絡まった生きづらさを感じます。

 

スケープゴート型のACは、

  • 孤独感
  • 犠牲者感
  • 見捨てられ感

を強く感じる傾向があります。

 

 

大人になり社会に出ると否が応でも指示に従わなければならない場面が増えます。

 

そうなると、

最初のうちは「嫌われないように生きていこう」と考え

指示に従ったふりをします。

 

「きっといつか嫌われる」

「また急に悪者にされるんじゃないか」

「この人もどうせ理不尽なことを言うのだろう」

 

といった、目上の人間に対して懐疑心や反骨心を持っているため

 

最初は従った姿勢を見せながら、

最終的には言うことを聞かない

 

といった対応をする傾向にあります。

 

これは過去に両親や教師といった目上の人から

命令されて、守ろうと頑張ったが

結局ダメ出しをされて見捨てられたという経験が、

 

「どうせ言う通りにしてもだめだ」

「言う通りやっても出来るわけない」

 

という思い込みに変わってしまっていて、

本人では気づかない「無意識」で

「権威に反抗」することで

傷つかないように自衛するようになってしまっているのです。

 

スケープゴート(生贄タイプ)チェックリスト

スケープゴート(生贄タイプ)の特徴をまとめてみました。

チェックリストで確認してみてください。

 

いかがでしたでしょうか?

複数当てはまるようでしたら、
生きづらさを感じているかもしれません。

 

カウンセラーや信頼出来る人など、

あなたを「ジャッジ」することなく

受け止めてくれる人と話をすることで

楽になることがあります。

 

スケープゴート(生贄タイプ)がACを克服するには

スケープゴートタイプのアダルトチルドレンは、

 

「人から愛されることは無い」

「人に受け入れてもらえない」

「いつか嫌われる」

「また捨てられる」

 

このように本気で思っていることが多いです。

 

過去に起こした問題行動は消えることはありません。

しかし、それがあなたの未来を決定づける理由にはなりません。

 

まずは、

「生きるために仕方なかった」

と自分を許してあげることが重要です。

 

今までの劣悪な環境を生き抜くためには仕方のないことです。

 

こうした防衛本能を発揮出来たから今日まで生き延びることが出来たのです!

 

そして、いつまでも誰かの生贄状態で過ごす必要はありません。

 

スケープゴート型のアダルトチルドレンは克服出来ます。

理由もわからず自分ばかりが嫌な損する役回りばかりさせられてきた

そんな過去を癒し、許していきながら

未来志向で自分を認めていくカウンセリング方法を共に考えていきましょう。

 

もし、

「自分は過去にとても悪いことをしてきた」

「自分は上手くやることの出来ない社会不適合者だ」

 

こんな風に思ってしまうようならば、

「生きてくために仕方なかった」

と自分に言い聞かせてください。

 

まとめ

ここまでアダルトチルドレン5つのタイプのひとつ

スケープゴート(生贄タイプ)について書いてきました。

 

アダルトチルドレンの定義や範囲は非常に広く、
他のタイプとの複合で複雑化して現れます。

 

ひとつ言えるのは、
あなたはもう誰かの生贄になる必要はありません。

 

わがままに!自分らしく!生きていいんです!

 

より具体的な克服方法はあなたのお話をお伺いし、共に考えていきましょう。

 

自力で克服したい!とお考えの方は

LINE講座(無料)をご利用ください。

 

簡単でスグ出来る心理療法のスキルをお伝えしています。

後半には自力で克服するための情報も発信しています。

 

 

無料LINE講座はこちら

 

 

今の辛い状態から抜け出したい!

自分らしい人生を歩みたい!

 

このように考えている方は、

お試しカウンセリング

お申込みください。

 

今の状況をしっかりお聴きして

どういうことに取り組んでいけばいいのか

ご説明させていただきます。

 

気持ちが楽になり、

この先のヒントが得られるかもしれません。

 

あなただけに合った

【カウンセリング+自己実現プラン】

を組み立て実施していきます。

 

わがままに!自分らしく生きる!
そんな未来を手に入れるサポートをさせていただきます。

 

YouTube、Twitterで役立つ情報発信を始めました!
生きづらさを克服するポイントや、謎の生きづらさの原因について解説していきます。

 

無料LINE講座のご案内

・職場の人間関係が辛い
・HSP
・アダルトチルドレン
・適応障害
・うつ

が当てはまる、気になる方は、
完全無料のLINE講座をお読み下さい!

セッションと同レベルの濃い内容の講座を無料で受けることが出来ます。
カウンセリングはちょっとなぁ…
といった方はまずこちらからお試しください。

 

アダルトチルドレン、適応障害、職場の人間関係、HSP、対人恐怖、摂食障害、過食障害、うつ病、抑うつ状態、性格を変えたい、自信がもてない、復職が怖い、再発、不安、イライラ、パワハラ、モラハラ
これらでお悩みで、
わがままに!自分らしく生きる!
自分を変えてそんな未来を手にしたい方は、
「カウンセリングルーム 自分LIFE」
をぜひご利用ください。
千葉市、習志野市、四街道市、佐倉市、市原市、成田市、船橋市、市川市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、ほか東京、埼玉、山梨、大阪、青森、海外(台湾)からご利用されている方もいらっしゃいます。
オンラインカウンセリングは全国(海外含め)対応可能です。
教師、調理師、探偵、保育士、システムエンジニア、専業主婦、フリーランスなど様々な方がお越しいただいております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました