共依存とアダルトチルドレンの関係性とは?克服する方法を徹底解説

アダルトチルドレン

共依存という言葉は聞いたことがあるけど、詳しくはわからないという人が多いと思います。

 

簡単に言ってしまうと、

お互いに【害のある関係】だけれど、【利もあって離れられない】という状態のことを言います。

 

ダメなのに良い部分もある。

けど、お互いが不幸になる関係…

ちょっと混乱してきますね…(;´・ω・)

 

共依存はアダルトチルドレンと大きくかかわりのある依存状態です。

 

  • アダルトチルドレンとの関係性
  • 共依存の克服方法

これらを徹底的に解説していきたいと思います。

 

アダルトチルドレンと共依存の関係性

アダルトチルドレンと共依存の関係性はかなり強くあります。

とくにアダルトチルドレンのケアテイカータイプに共依存者は多いです。

 

 

アダルトチルドレンは複数のタイプが存在しているが、共通しているのは

自己肯定感の低さ

です。

 

  • 自分に自信が持てない
  • 自分には価値が無い
  • 見捨てられるのが怖い

 

このような心の不安な部分を他者に依存することで埋めようとします。

 

共依存とは?

本質的な部分を先に言うと、

「自立と依存のバランスが崩れている関係」

のことを言います。

 

すごく簡単に言えば、

自己犠牲をしてでも、人を救いたい病

とも言えます。

 

  • 自分自身のことは全て後回しにしてしまい、基本的に他人優先。
  • 自分の価値や、考えも他人の意思を尊重してしまう。
  • 自分の意思は関係なく、周囲に求められたことに応えることが優先
  • 自分は後回しにしてでも、他人の問題解決に必死になる

 

このような特徴があります。

 

また、関係性によっては支配しようとすることも多く見られます。

親子関係などで共依存になる場合は、子供の自立を親が阻害するなども見られます。

 

共依存という言葉が生まれたのは?

元々はアルコール依存症の夫を持つ妻の事を指す言葉でした。

 

「依存者の夫」と「共依存者の妻」の関係です。

 

アルコール依存症で働きもせず、お酒を飲んでばっかりな夫のもとを離れずに支えてしまう妻がいます。

生活能力が無いので、本来であればお酒を買うことすら出来ないはずが、妻が働きに出て夫の世話をしてしまうので生活が成り立ってしまいます。

 

傍からみれば

「さっさと離婚すればいいのに」

「懇親的に尽くしてすごくいい人なのね」

「旦那さんのことを愛しているのね」

と思われがちです。

 

本人を心配して、離れた方がいいんじゃ…

とアドバイスすると、

「あの人には私がついていないとダメだから」

「お酒さえやめればすごくいい人なんです」

と聞く耳持たずな場合が多いです。

 

妻側の心理状態としては、

尽くすことで自分の存在価値を感じている場合が多く、

また、治ってしまって頼られなくなったら自分の存在価値が無くなってしまうのではないかとも考えています。

 

そのため、妻が夫の自立を阻害するケースも少なくありません。

 

このように「妻に依存する夫」と「自分に依存される存在が必要な妻」という関係になります。

 

お互い幸せであれば問題ないのですが、共依存の場合は大抵の場合「お互い不幸」になります。

 

上記の場合だと、

  • 支えられて心地よいのでいつまでも自立出来ない夫
  • 依存されることでしか存在価値を感じられない妻

このようにどちらも不幸にしかならないのが共依存の恐ろしいところです。

 

健全な状態であれば、妻は夫の自立を促してアルコール依存症の克服に注力して早期自立をサポートします。

改善が見込めない場合は、離れるという選択肢に至りますが、共依存の場合は上記のように「私がいないと…」という思考になってしまい離れることが出来ません。

 

共依存は夫婦以外に親子、恋愛、職場などでも起きる

現代では共依存という言葉の意味は広がり、アルコール依存症の夫と支える妻以外にも使われます。

人に対する依存症全般で使われたりしていますね。

 

特に多いのは、

「機能不全家族の親子」

「DV、浮気、ギャンブル、ヒモ状態などのカップル」

に共依存が見られます。

 

職場で上司との関係や友人関係でも共依存になってしまうケースはよく見られます。

 

依存と共依存の違いは?

依存とは、対象物に対するものです。

人だけに限らず「アルコール、タバコ、ギャンブル、薬物、SNSなどなど」

 

共依存とは、人に対するものです。

相手がいて初めて成り立つものです。

対象者が必ず存在します。

 

こう考えると明確な違いがありますね。

 

不幸になる共依存と幸せになる相互依存の違いとは?

 

両方依存とついていますが、内容は全く違います。

 

共依存とは、

簡単に言えばお互い不幸になるのがわかっているのに離れられない状態です。

  • 過保護や過干渉な親と子供
  • ダメ夫(彼)とそれに尽くす妻(彼女)

などです。

共依存の例 過保護な親

 

共依存はどちらも自立していない人同士で起こります。

お互いが依存し合っていて、自分と相手の区別が付けられない盲目状態になっています。

 

良い言い方をすれば、お互いを補い合ってギリギリ倒れないバランスを保っています。

 

しかしそんなギリギリの状態なので離れると倒れてしまうため離れられなくなってしまいます。

結局ギリギリで踏ん張っている方がつらいのはわかっているのに、倒れる恐怖から離れられないままダラダラと関係を続けてしまいます。

 

逆に相互依存は、

自立した人同士で、お互いの良い部分や悪い部分を知り、相容れない部分も許容して尊重しあえている状態です。

基本的には自立していますが、時と場合によっては片方が相手に依存したりする場合もあります。

 

それは一方的な依存ではなく、状況に合わせて立場を入れ替えたりまた自立したりと変幻自在かつ自分たちでコントロール出来ている状態です。

 

相互依存出来ている夫婦の育児なんかを見ると、お互いに状況に合わせてやるべきことをしっかりとこなしているように感じます。

変に「ママだから」「パパだから」と言った固定観念があまり生まれない関係が多く見られます。

 

共依存になる原因

結論から言うと、

幼少期に共依存体質を作られたから

と言えます。

 

共依存者のほとんどは機能不全家族で育っています。

そのため、アダルトチルドレンである可能性も非常に高いです。

 

共依存者の主な目的は、

自分の存在意義を確かめたい

という場合が非常に多いです。

 

  • 尽くすことで必要としてもらいたい
  • お世話をして感謝してもらいたい
  • 相手の役に立たなければ存在価値が無い

 

自分に自信が無いため、人に自分の存在意義を認めてもらうためには何かをしなければいけないと本気で感じています。

 

それも幼少期に、「ありのままのあなた」でいる事を許されない環境で育ってきたことが原因です。

 

共依存を悪化させる要因

実は共依存でいることってすごい楽なんです。

 

まず、尽くすことで相手から感謝してもらえます。

一人で「飴と鞭」をコントロールすることが出来るんです。

 

「自己価値の確認、達成感、承認欲求、優越感」

などを一人でやって、得ることが出来ます。

 

しかし、健全な関係では無いのでいずれ必ず破城します。

 

ダメな人がいないと、自分の存在価値を確認することも出来なくなるため、必要以上にお世話をして相手をダメな人に育て上げてしまうこともよくあります。

 

次に「自分は被害者だ!」という逃げ道が常に確保されています。

尽くす人とダメな人がいれば、ほぼ100%尽くす人が被害者だと同情してもらうことが出来ます。

 

これがかなり厄介で、

私がこんなにつらいのは、あの人のせいだ!

→でもあの人には私がいないとだめだから…

と無限ループに陥ります。

 

しかも自分は正しいことをしていると信じているため、他者から何か言われても変わりません。

 

「子供は親の面倒を見るのが当たりまえ!」

などと特に決められているわけでもないルールに強く縛られていることもよく見られます。

 

AC+共依存は母×子の関係性でなる可能性が高い

親子関係の共依存は母親となることが圧倒的に多いです。

 

過干渉な母親

子供が自分で考える前に、母親が全て決めてしまう
→自分で決めることが出来ず、母に依存してしまう

 

過保護な母親

いつまでも子供の自立を阻害する
→マザコンや大人になっても親のいいなりになる

 

夫婦仲が悪かったり、ヒステリックな母親

夫婦喧嘩などで泣いてわめくのを、慰める役割を子供がする
→重荷に感じているが、相手のためにそこは隠して自己犠牲してでも尽くす共依存者になってしまう。

 

結構多い例をあげてみました。

共依存に関しては圧倒的に母親との割合が多いです。

 

共依存を克服する方法

共依存を克服するためには、

まずは自分が共依存であることを自覚する

ということが必要です。

 

相手に尽くす

というやっていること自体は素晴らしいことなんです。

なので自己正当化しやすいんですよね。

他責思考にも出来るし、被害者として逃避することも出来る。

 

自分が共依存であるが故にこの状態になっているのだ!

と自覚しない限り間違いなく共依存関係から抜け出すことは出来ません。

 

共依存チェックシートを参考にしてみてください。

 

次に原因を探ります。

ほとんどの場合、幼少期の家庭環境に原因があります。

 

親のせいにしたくない

と罪悪感を感じる方もいますが、子供は無力です。

 

そのような家庭環境にしたのは間違いなくあなたのせいではありません。

 

  • 機能不全家族のどのような特徴に当てはまっているか?
  • 自分の本心は何を思っているのか?
  • 何がきっかけで今のような思考になっていったのか?

共依存になってしまった根本原因を見つけ、取り除くことが必要になってきます。

 

原因を取り除いたら心を育てます。

  • 自己肯定感を上げる
  • 正しい感情の表現方法を学ぶ
  • 正しいコミュニケーションを学ぶ

など本来幼少期に育むはずだったことを、やり直します。

 

共依存者はアダルトチルドレンである可能性が非常に高いため、他に生きずらさを感じている部分がある場合はその原因も取り除く必要があります。

共依存は連鎖する

結論から言うと、

共依存は連鎖します。

 

なので、あなたの親も祖父母も共依存やアダルトチルドレンである可能性が非常に高いです。

なぜなら自分自身が育てられたやり方しか知らないからです。

 

「蛙の子は蛙」

この言葉が本当に当てはまるなと思います。

 

自分に子供が出来た時に、ほぼ全員が自分の親をモデルケースにします。

 

機能不全家族で育ったから、絶対に両親のようになりたくない!

と思っている方でもフッとしたときに両親と同じ行動を取ってしまうケースも実際にはかなり多いです。

 

共依存を断ち切るためには、根本原因を特定し克服していく必要があります。

 

まとめ

ここまで

  • アダルトチルドレンとの関係性
  • 共依存の克服方法

について書いてきました。

 

「お世話をして人の役に立ちたい」

「人から感謝されたい」

「困っている人を助けたい」

 

これらは全て本当に素晴らしいことです。

 

そのため、

良いことしているのに何で幸せになれないの?

という思いが出てきやすいです。

 

そして、第3者から見ても素晴らしいことをしているので自分が変わろうという気になれないため共依存は克服するのに時間がかかると言われています。

 

自力での克服が難しかったり、早期克服したい場合はカウンセリングを受けて適切な段階を踏んで克服していくことをおすすめします。

 

 

今の辛い状態から抜け出したい!

自分らしい人生を歩みたい!

 

このように考えている方は、

お試しカウンセリング

お申込みください。

 

今の状況をしっかりお聴きして

どういうことに取り組んでいけばいいのか

ご説明させていただきます。

 

気持ちが楽になり、

この先のヒントが得られるかもしれません。

 

あなただけに合った

【カウンセリング+自己実現プラン】

を組み立て実施していきます。

 

わがままに!自分らしく生きる!
そんな未来を手に入れるサポートをさせていただきます。

 

YouTube、Twitterで役立つ情報発信を始めました!
生きづらさを克服するポイントや、謎の生きづらさの原因について解説していきます。

 

無料LINE講座のご案内

・職場の人間関係が辛い
・HSP
・アダルトチルドレン
・適応障害
・うつ

が当てはまる、気になる方は、
完全無料のLINE講座をお読み下さい!

セッションと同レベルの濃い内容の講座を無料で受けることが出来ます。
カウンセリングはちょっとなぁ…
といった方はまずこちらからお試しください。

 

アダルトチルドレン、適応障害、職場の人間関係、HSP、対人恐怖、摂食障害、過食障害、うつ病、抑うつ状態、性格を変えたい、自信がもてない、復職が怖い、再発、不安、イライラ、パワハラ、モラハラ
これらでお悩みで、
わがままに!自分らしく生きる!
自分を変えてそんな未来を手にしたい方は、
「カウンセリングルーム 自分LIFE」
をぜひご利用ください。
千葉市、習志野市、四街道市、佐倉市、市原市、成田市、船橋市、市川市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、ほか東京、埼玉、山梨、大阪、青森、海外(台湾)からご利用されている方もいらっしゃいます。
オンラインカウンセリングは全国(海外含め)対応可能です。
教師、調理師、探偵、保育士、システムエンジニア、専業主婦、フリーランスなど様々な方がお越しいただいております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました