「HSP」と「HSC」と「HSS」と「HSS型HSP」の違い

HSP

テレビなどで取り上げられたり、

有名人の方が告白する例もあり、

名前を聞く機会も増えてきた「HSP」

 

ネットで調べていたら、HSP以外に

「HSC」「HSS」しまいには「HSS型HSC」

といった言葉がどんどん見つかりどれがなんなのかわからない!

 

と思った方は少なくないと思います。

 

そこで今回はHSPの種類について書いていきたいと思います。

 

全て病気や障害ではない

 

病気や障害と同一に考えられてしまいがちですが、

病気ではありません。

 

通常よりも敏感な人をタイプ分けしただけの「ただの概念」です。

アメリカの心理学者:アーロン博士が提唱しました。

 

生まれながら持った個性であり、

後天的に変えることは出来ません。

 

5人に1人はHSPだと言われています。

人口の20%にも上るため特段珍しいものでもありません。

 

ただし、逆を返せば人口の80%はHSPとは違う感じ方をするため、

少数派であるHSPが生きづらさを感じる要因であると言えます。

 

HSPとは

HSPとは

ハイリー・センシティブ・パーソン
(Highly Sensitive Person)

の略称です。

 

HSPには「4つの特徴」があります。

 

  • 処理の深さ
  • 神経が高ぶりやすい
  • 感情に敏感
  • 些細なことを察知する

 

五感に加えて、周囲の空気や人の感情にすごく敏感な

超高性能アンテナを持って生まれた人のことです。

 

HSPについてもっと詳しく知りたい

 

HSCとは

HSCとは

ハイリー・センシティブ・チャイルド
(Highly Sensitive Child)

の略称です。

 

HSPの子供時代の頃を指す呼び方です。

 

特徴はHSPと同じで、

人一倍敏感で、感受性が豊かなため

周囲の人の感情や気分で自分が苦しくなってしまったりします。

 

そのため学校などの集団生活が苦手で引っ込み思案な子が多いです。

 

また、このような特徴から

自閉症やアスペルガー症候群といった発達障害

と間違われることが多いです。

 

発達障害との大きな違いは、

人の気持ちを読むことが得意か苦手かです。

 

発達障害の子は人の気持ちを読むことが苦手です。

しかし、HSCの子は人の気持ちを読むことが人一倍得意です。

 

発達障害と診断されたが、

調べていくうちにHSCであった

ということも実際にあるようです。

 

HSSとは

HSSとは

ハイ・センセーション・シーキング
(High Sensation Seeking)

の略称です。

 

HSSはHSPとは真逆で、「刺激を求める人」と呼ばれます。

良くも悪くも好奇心旺盛です。

 

内向的なHSPとは異なり、

HSSは外の世界に興味がわき続ける特徴があります。

 

好奇心が非常に強く、刺激を求めます。

 

初対面の人とすぐに仲良くなれたり、

知らないお店なんかにも平気で入っていけます。

 

そのため周囲の人からは社交的な人と見られることが多いです。

 

たくさんのことに好奇心を持ち、

新しいことをやり始める積極性やパワーを持ち合わせていますが、

すぐ新しい刺激に慣れてきてしまい、

新たな刺激を求めてしまうため、飽き性である場合が多いです。

 

好奇心旺盛でチャレンジし続けられる

これってメリットなんじゃない?

と思いませんか?

 

良くも悪く好奇心旺盛なんです。

 

好奇心を満たし、

刺激を求めることを最優先するため、

リスクは一切考えない傾向があります。

 

  • 飽きやすくて興味も変わりやすいので周囲を巻き込む
  • 日常的な言動なんかが退屈に感じる
  • 衝動的に行動してしまうため、信用されなくなってしまう

 

といったデメリットがHSSに多い特徴です。

 

周囲のペースに合わせられなかったり、

刺激の無いルーティンが苦手なため

能力はあるのに、職場で人間関係が上手くいかない

と言ったような「人間関係」にまつわる悩みを持っている方が当てはまるケースが多いです。

 

HSS型HSPとは

HSSの外向性とHSPの内向性を両方持つタイプです。

私もこのタイプです。

 

動画でも解説しています。

 


 

日本語訳をすると、

「刺激追及型HSP」

となります。

 

HSPの約30%がHSS型HSPだと言われています。

 

相反する特徴を併せ持ってるというちょっとよくわからないですよね。

 

繊細だけど、好奇心旺盛で飽きっぽい。

「いつもブレーキとアクセルを両方MAXまで踏んでいる」

と表現されることもあります。

 

感情の起伏が激しく、

最高にハイテンションになったかと思いきや、

絶望的に落ち込みもう死にたいとまで落ち込んでしまう。

 

そんな自分の感情の起伏についていけなくてクタクタになってしまいます。

 

飽きっぽい傾向があるため、

転職を繰り返すことが多い傾向があります。

 

また、仕事と同じで人間関係のリセット癖があるケースも少なくありません。

 

人間関係を広げるのは得意だけど、

維持するのがしんどくなってしまうことが多いです。

 

 

HSS型HSPに良くみられる特徴が、

  • 限界まで予定を詰め込む
  • 二面性

です。

 

予定詰め込み癖

好奇心旺盛でやりたいことが無限に沸いてきます。

 

ただHSP気質も持っているので、

刺激に敏感でしっかりと人一倍疲れます。

 

しかし休んでいる暇があったら色々やりたい!

リスクなんか関係ないぜ!

休息なんかよりも用事入れて発散するから大丈夫!大丈夫!

 

とアクセル全開!

 

これを続けていると、

疲れを疲れと認識出来なくなってきます。

 

刺激にマヒしてきて、

身体から発せられるエマージェンシーに気づくことが出来ません。

 

その先には、確実に何かしらの事故が起きます。

 

実際これは私も経験していて、

実際は疲れているのに自分を労わることを怠った結果

過労で倒れたうえに、アルコール依存症になってしまいました。

 

刺激を受け取りやすく、自分を後回しにしてしまう

そんなHSPの特徴に加えて、

予定を詰め込みすぎてしまい

自分のことを後回しにせざるを得ない状況を作り出してしまう

このようなことがHSS型HSPにはかなり多く見られます。

 

二面性

HSS型HSPは内向的な面と外交的な面を併せ持っています。

刺激を求めて好奇心の赴くがままに新しいことに挑戦します。

 

挑戦し始めるときには、良い未来しか想像できません。

 

しかし、始めた途端に

急に何もかもうまく行かなくなるような絶望感に打ちひしがれ、

すべてを投げ出したくなります。

 

さっきまで新たな刺激を求めて幸福感に満たされていたのに、

まるで違う人格に入れ替わってしまったかのように

消えてしまいたくなるほどの絶望感で落ち込んでしまいます。

 

HSPは負の感情だけでなく、

嬉しいと感じる正の感情も刺激になり敏感に反応してしまいます。

 

しかし、HSSは刺激追及型であるためさらに求めます。

 

結果的に心も体も許容オーバーになり、

強制的にストップさせるために脳が支配されたかのように身体が動かなくなってしまうのです。

 

精神疾患だと勘違いしやすい

このような相反する性質を併せ持っているため、

HSS型HSPの人は自分は精神疾患なんじゃないかと考えることが多くあります。

 

アダルトチルドレンや躁鬱病なんかと類似点も少しあるため

 

「アダルトチルドレンかもしれません。」

 

と相談に来た方がお話を聞いていくと、

生まれつきの気質であることが発覚することもあります。

※アダルトチルドレンとHSS型HSPの両方を併せ持つ人もいます。

 

病気や障害ではなく、生まれつきの気質で変えられないものだ

と気づくことで安心する人はとても多いです。

 

4種類の割合は?

ここまで「HSP」「HSC」「HSS」「HSS型HSP」について解説してきました。

 

どれくらいの割合でこのような気質がある人がいるのかをまとめました。

 

 

ざっくりとした割合ですが、だいたいこのような数値になるといわれています。

 

HSPが生きづらいと感じる理由は、

「少数派」

だからと言えます。

 

まとめ

「HSP」「HSC」「HSS」「HSS型HSP」の違いについてまとめてきました。

 

生きづらさを感じている時は

話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になるケースも多いです。

 

HSP各種の人たちにとって、

「安心して休める空間を作る」

ということが一番必要になります。

 

それは自宅でもいいし、

お気に入りの場所でもいいし、

カウンセリングルームでもかまいません。

 

カウンセリングルームの場合は依存傾向にならないように気を付けてください。

 

当ルームでは、セラピーを行いつつ、

他の安心出来るスポットを一緒に探し、

短期間で卒業出来ることを目標にする方針でいます。

 

もし当てはまる面が多く、

もしかしたら…

と思った場合はお気軽にご相談ください。

 

 

今の辛い状態から抜け出したい!

自分らしい人生を歩みたい!

 

このように考えている方は、

お試しカウンセリング

お申込みください。

 

今の状況をしっかりお聴きして

どういうことに取り組んでいけばいいのか

ご説明させていただきます。

 

気持ちが楽になり、

この先のヒントが得られるかもしれません。

 

あなただけに合った

【カウンセリング+自己実現プラン】

を組み立て実施していきます。

 

わがままに!自分らしく生きる!
そんな未来を手に入れるサポートをさせていただきます。

 

YouTube、Twitterで役立つ情報発信を始めました!
生きづらさを克服するポイントや、謎の生きづらさの原因について解説していきます。

 

無料LINE講座のご案内

・職場の人間関係が辛い
・HSP
・アダルトチルドレン
・適応障害
・うつ

が当てはまる、気になる方は、
完全無料のLINE講座をお読み下さい!

セッションと同レベルの濃い内容の講座を無料で受けることが出来ます。
カウンセリングはちょっとなぁ…
といった方はまずこちらからお試しください。

 

アダルトチルドレン、適応障害、職場の人間関係、HSP、対人恐怖、摂食障害、過食障害、うつ病、抑うつ状態、性格を変えたい、自信がもてない、復職が怖い、再発、不安、イライラ、パワハラ、モラハラ
これらでお悩みで、
わがままに!自分らしく生きる!
自分を変えてそんな未来を手にしたい方は、
「カウンセリングルーム 自分LIFE」
をぜひご利用ください。
千葉市、習志野市、四街道市、佐倉市、市原市、成田市、船橋市、市川市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、ほか東京、埼玉、山梨、大阪、青森、海外(台湾)からご利用されている方もいらっしゃいます。
オンラインカウンセリングは全国(海外含め)対応可能です。
教師、調理師、探偵、保育士、システムエンジニア、専業主婦、フリーランスなど様々な方がお越しいただいております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました