共依存が起こす職場や仕事への影響は絶大な被害を生み出す

共依存が起こす職場や仕事への影響は絶大な被害を生み出す アダルトチルドレン

共依存という言葉は聞いたことあるけど、

ダメンズにひっかかる女の人のことでしょ?

 

自分は当てはまらないから関係ないかなぁ

なんて思っている方も少なくないかもしれません。

 

共依存は異性との関係だけではなく、職場や仕事にまで影響を及ぼします!

 

  • いつも相手に振り回されてしまう
  • 誰からも必要とされないと感じると不安になってしまう

 

このような悩みの原因は共依存体質によるものかもしれません!

 

今回は共依存体質が原因で職場や仕事に影響が出てしまう理由について書いていきたいと思います!

 

 

職場での共依存が引き起こす被害とは?

結論から言うと、

  • 職場の人間関係悪化
  • 過剰な業務の偏り
  • お互いの成長を妨げる

といった実害が出てしまいます。

 

そしてこれらの一番の問題点は、

問題の本質が表面化しずらく、自他ともに気づけない

といった特徴があります。

 

なぜ職場で共依存関係になってしまうのか?

  • 親子関係や恋人、
  • 夫婦といった内縁関係、
  • 親しい友人

といった間柄であれば共依存関係になりやすいのはわかるけど、職場の人と共依存関係になるほど離れられない関係になってしまうのがイメージできないといった人も多いかもしれません。

 

なぜ職場で共依存関係になってしまうのかというと、

会社という場所が自信を粉々にしやすい環境

であることが理由の一つとして挙げられます。

 

自信を失いやすいシチュエーションは、

  • 仕事の成果が上がらない
  • ミスをしてしまった
  • 同僚と比較してしまい、自分の方が劣っていると感じてしまう
  • 上司、部下、同僚などとの人間関係がうまくいかない
  • 自分の居場所が無いと感じる
  • 失敗したらすべてが終わると常に緊張感がある

このようなことで簡単に誰でも自信を失ってしまう環境に、週5日8時間という長時間いなければいけません。

 

古い風習のある職場や、体育会系の色が強い会社であれば飲み会などでそれ以上の時間拘束されてしまうこともあるでしょう。

 

立場に関わらず常に不安に陥りやすく、生きづらさを感じる環境に長時間いると自信を失ってしまう人が複数現れます。

 

失ってしまった自信の部分にはぽっかりと穴が開いてしまいます。

 

その穴を埋めるために自信を失った人同士で気づかずうちに、

「支配する側」「支配される側」となり共依存の関係に陥ってしまいます。

 

職場で起きる共依存関係の例

職場で起きやすい共依存関係の例を挙げてみたいと思います。

 

頼られたい上司と独り立ち出来ない部下

この時当人はどのような心境なのかというと、

 

上司
上司
(共依存体質)

部下から頼りにされていることで自分の存在価値を感じられる。

独り立ちされてしまうと自分の存在価値が無くなってしまうからずっと未熟な部下でいてほしい。

 

部下
部下
(共依存体質)

自分なんかが独り立ち出来ない…

上司が気に入るような部下でいなければならない…

部下
部下
(依存体質)

なんだかんだ言って上司が全部やってくれるから従っていればいいか。

失敗したら上司に言われたと言えばなんとかなるだろう。

 

「共依存の上司」×「共依存体質の部下」or「依存体質の部下」

といった関係性が定着してしまう可能性があります。

 

同時進行で両方の部下と共依存関係になってしまうケースもあります。

 

当然上司も部下も表には出しません。

表面上は熱意ある上司と一生懸命な部下の関係性に見えるかもしれません。

なので周囲が共依存関係になってしまっていることに気づくことはほぼ不可能です。

 

お互いに依存しているため、チームワークが良好になる一方で双方の成長を止めてしまったりと悪影響を及ぼす可能性があります。

 

個別に分解してみてみましょう。

 

共依存体質の上司

会社における上司としての役割の一つは、

部下の教育です。

 

共依存関係になってしまうとほぼ確実に部下の教育は出来ません。

 

自分に自信をしっかりと持てずに、頼りにされることで存在意義を感じてしまう共依存体質の上司の場合、部下が独り立ちしてしまうと自分の存在価値を感じることが出来なくなってしまいます。

 

リーダーシップもあり仕事は出来るが、

自分に自信が無かったり、

完璧主義だったりといった特徴があります。

 

いつも付きっきりで熱心に指導する良い上司である一方で、本心では自分の中に渦巻く不安や自身のなさを解消するために行動しています。

 

頼りない部下は自分の存在価値を確認するのに最適な存在です。

 

部下が一人立ちしてしまいそうになると、

出る杭を打つような言動をしてしまったり、

自信を無くすようなことをわざと言ってみたりと、

自分の存在価値を失わないように部下の独り立ちを阻害することもあります。

 

仕事は出来るのに、部下の教育がいつもうまくいかない人はもしかしたら共依存関係になってしまっているのかもしれません。

 

共依存体質の部下

最初は自分のことをとても理解してくれる上司に巡り合えたと感じることが多いです。

 

頼もしくて面倒見も良い上司に助けられることも多いかもしれません。

しかし、いつの間にか自立することを阻まれてしまい上司の言いなりになってしまうケースが非常に多いです。

 

今までの恩もあるため、上司の参加から抜け出せなくなってしまったり理不尽な支持にNOが言えなくなってしまったりします。

 

他の同僚がどんどん自立していくのと比較してしまい、

自分は出来ないから上司がいないとダメなんだ…

と自信を失ってしまい、上司に支配されてしまうことに慣れてしまいます。

 

いつも自分だけ…

自分の居場所がない…

といった悩みを抱えやすくなってしまいます。

 

依存体質の部下

優柔不断で言われたことをこなすだけの方が楽だと思っているため、指示待ちをしてしまいがちです。

 

そこにリーダーシップがあり有能な共依存体質の上司がかみ合うと共依存関係になってしまうことがあります。

 

業務上は特に問題なく回るため特に問題がないように見えますが、上司は「自分がやった方が早い」と感じてなんでもひとりで決めてしまいます。

 

他力本願で出来るだけ責任を負いたくないという思いが強い場合、決断をすべて上司にゆだねてしまう癖がついてしまいます。

 

上司×部下の関係性の時は多少非難はあれど問題が大きくなることは無いかもしれません。

 

しかし、これは自分の成長を阻害してしまい自分が先輩になる立場になると自力で決断することをしてこなかったため何もすることが出来なくなってしまい無力感を強く感じてしまいます。

 

そのまま居づらくなり、退職してしまうケースも少なくありません。

1年、2年くらいは普通に働けているのに、自分より下の立場の社員が増えたころに急に会社に居づらくなってしまう人は依存体質になってしまっている可能性があります。

 

共依存関係になぜなってしまうのか?

幼少期に共依存関係体質を作られてしまったことが原因です。

 

親との関係性が共依存関係になっていた

という場合がほとんどです。

 

そのため、共依存の人間関係しかわからないため大人になり社会に出てからも共依存の関係性になってしまいます。

 

共依存は相手がいてこそなれる関係でもあります。

自信が無く、不安感を強く持っているもの同士が気づかずうちに惹かれあい共依存関係に陥ってしまいます。

 

共依存から脱出する方法

共依存を脱出するためには、

自分が共依存体質であることを自覚する

ことがすべての第一歩となります。

 

共依存度セルフチェックをしてみる!

 

共依存は、

お互いに害はあるけど、利もあるため離れることが出来ない

という非常に厄介な特徴があります。

 

環境を変えるなどして離れられたとしても、

違う場所でも同じことを繰り返してしまいます。

 

その根本的な部分は、幼少期の体験が大きく作用していて、アダルトチルドレンとも関係性があると言われています。

 

 

自分のことを変えられるのは、自分の意志のみです。

 

今の状況から抜け出すために本気で変わりたい

と思えなければカウンセリングを受けたり、何かを始めても改善はしない可能性が高いと言えます。

 

共依存の根本原因を探る

共依存になってしまった根本的な原因は、

幼少期にある場合がほとんどです。

 

幼少期に機能不全家族で育ったアダルトチルドレンである可能性が高いです。

 

その根本的な部分を改善しない限り、今回抜け出せたとしてもまたいずれ繰り返してしまいます。

 

アダルトチルドレンは後天的についた癖のようなものなので、必ず克服することが出来ます。

 

自力で改善することも出来なくは無いですが、

非常に時間がかかるため専門的なカウンセラーとともに改善していくことをお勧めします。

 

 

 

今の辛い状態から抜け出したい!

自分らしい人生を歩みたい!

 

このように考えている方は、

お試しカウンセリング

お申込みください。

 

今の状況をしっかりお聴きして

どういうことに取り組んでいけばいいのか

ご説明させていただきます。

 

気持ちが楽になり、

この先のヒントが得られるかもしれません。

 

あなただけに合った

【カウンセリング+自己実現プラン】

を組み立て実施していきます。

 

わがままに!自分らしく生きる!
そんな未来を手に入れるサポートをさせていただきます。

 

YouTube、Twitterで役立つ情報発信を始めました!
生きづらさを克服するポイントや、謎の生きづらさの原因について解説していきます。

 

無料LINE講座のご案内

・職場の人間関係が辛い
・HSP
・アダルトチルドレン
・適応障害
・うつ

が当てはまる、気になる方は、
完全無料のLINE講座をお読み下さい!

セッションと同レベルの濃い内容の講座を無料で受けることが出来ます。
カウンセリングはちょっとなぁ…
といった方はまずこちらからお試しください。

 

アダルトチルドレン、適応障害、職場の人間関係、HSP、対人恐怖、摂食障害、過食障害、うつ病、抑うつ状態、性格を変えたい、自信がもてない、復職が怖い、再発、不安、イライラ、パワハラ、モラハラ
これらでお悩みで、
わがままに!自分らしく生きる!
自分を変えてそんな未来を手にしたい方は、
「カウンセリングルーム 自分LIFE」
をぜひご利用ください。
千葉市、習志野市、四街道市、佐倉市、市原市、成田市、船橋市、市川市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、ほか東京、埼玉、山梨、大阪、青森、海外(台湾)からご利用されている方もいらっしゃいます。
オンラインカウンセリングは全国(海外含め)対応可能です。
教師、調理師、探偵、保育士、システムエンジニア、専業主婦、フリーランスなど様々な方がお越しいただいております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました